追っかけノウハウ

【追っかけ術】特別なプレゼント~フォトアルバムを贈る~

蒸し蒸しと暑苦しい気候になってきましたね。
でも、まだこれから梅雨が来るんですよね~~~え~~~雨が苦手なマイクロトフです、こんにちは。

梅雨が到来して、空ければ本格的な夏がやってくる!

夏はイベントの季節!!!

チケット握りしめて推しを追いかける季節です!!!

推しの追っかけとは別に、ご自身の夏休みや長期休みがとりやすい時期ですね。
そんな時にちょっとおすすめしたいプレゼントがあったので、紹介したいと思います。

オリジナルフォトアルバムを贈ろう

そうです、おすすめしたいのは「フォトアルバム」です。

↓こーゆーやつです↓


ええ~~~???
って思うかもしれませんが、実際私の周りでは、私以外送ったという人はいません。

ポイントはもちろん「オリジナル」であること。

要するに、自分で撮影した写真をアルバムにして、プレゼントしているんです。

そもそものきっかけは、ファンクラブツアーに参加したことがキッカケでした。

ファンクラブツアーの写真をアルバムにしてまとめた

ツアー内で推しにカメラを向けることはNGだったのですが、泊りがけのツアーということもあり、そのツアーで仲良くなった子たちと写真をたくさん撮ったんですよね。

もちろん、ツアーみんなで色んなところ回ったし、推しともツーショット撮ったし、集合写真撮ったし、推しにカメラを向けることはだめだし、もちろん隠し撮りもだめなんだけど、推しのマネージャーさんとは撮影OKだったり。(笑)

で、旅行から戻ってきて、あ~写真まとめてアルバム作りたいなぁって思ったのですよね。

その時はネットプリントでアルバムを作るという発想がなくて、近所のカメラ屋さんに行って、カメラ屋さんにある注文の機械でアルバムの装丁決めて、写真選んで~~~ってやってたのですよ。
で、あ、これ推しに贈るのもありなんじゃない?

そもそも、このアルバムは私しか持たないオリジナルだし、推しは映っていないけど「私たちこんなに楽しめました!ありがとう!」という意味を込めて、全く同じ内容のアルバムを2冊注文しました。

その1冊を推しに贈りました。

直接何かしらの反応とかはなかったけど、楽しかった思い出とか、推しのおかげで知り合えた人たちと楽しいことって、推しは嬉しいみたいだし、そーゆーのって貰っても思い出としていいだろうなぁと思ったのです。

推し自身「あのツアーで仲良くなった人同士でイベントに来てくれたり、関係が続いてくれているのが嬉しい」と仰ってもいたので。

それがキッカケで、撮影した写真をフォトアルバムにする、ということを思いつきました。

もちろん、泊りの旅行でもなくてもバスツアーとかでも全然良いと思います。

そういったイベントに参加できた時は、自分のためにもフォトアルバムにするといいと思いますよ~。

旅行先の写真をフォトアルバムにして贈ってみた

どうゆうことか?と思いますが、単純に自分の旅行行った場所の風景をまとめたアルバムを作成するのです。

私自身、旅行が好きと言うのと、年に1回はちょっとした遠出旅行に行くことを目標としています。
国内だったり、海外だったり、どちらでも。

推しというか、表舞台で活躍している方たちって、そうそうプライベートで旅行とか、めっちゃ観光!っていう旅行が難しいのではないかな~?と勝手に思っております。
それこそ、テレビに出ることが当たり前の芸能人の方とかは、仕事の関係で行かれることが多い方もいるとは思いますが、そういった方は一握りだと思いますし、私のブログを見に来てくださっている方々の推しは、違うのではないかな?と思ってたりもしています。

別に、推しが有名かとか、活躍しているかとかは関係ないのですが、単純に「美しい景色は共有したいな」ということです。

私自身、写真を撮るの、全然上手じゃないんですよね…!!!
そもそもちゃんとしたカメラというか、デジカメ持っていません。
スマホオンリーです。
スマホのみで旅に出かけます。

なので、カメラが上手な人や、インスタ映え的な写真はぶっちゃけ撮れません。

けど、世界の美しい場所って、そーゆーのなくても伝わると思うし、たくさん撮った写真の中にはいいやつが何枚かあったりするので。

それを撮ったままで、クラウドとかに保存したりしたままって、なんか勿体ないな~と思って、デジタルフォトアルバムを作ろう!!!と思ったのがキッカケです。

それと、私は旅行に行っても人物(自分)を入れての撮影が思ったより少なくて、風景ばかりだった…ということも要因の一つかもしれません。
(自分の写真写りがあんま好きじゃないから、なんか映るのが苦手で。自分にガッカリしたくなくて。笑)

自分用に旅行のアルバムを作成した上、で、自分が写っている写真、綺麗でわかりやすい写真だけをピックアップしたものを、推し用に作成したりしています。

出来上がれば、風景の写真集!です。

風景中心で、押しつけがましい人物が排除されていれば、推しも贈られても苦痛でもないだろうし、「あ~こんなところがあるんだ~」って思って、少しでも癒し材料になったらいいなぁって。

旅行先では、絶対に推しへの差し入れ用プレゼントも購入するので、そのプレゼントと一緒に作成したアルバムを同梱してます。
その方が、お土産の意味?民芸品とかは特にわかりやすいだろうなと思いまして。

それもあって、旅行先で購入する差し入れ用プレゼントは、その土地の特徴的なものを選ぶようにしています。

作成したアルバムをちょびっと公開!

これは、UAE(アラブ首長国連邦)に行った際のアルバムです。

【表紙】

一番メインなので、写真が綺麗&自分がお気に入りの写真。
文字入力や、スタンプもあるので、それを使って装飾しています。
行った場所と日程は忘れずに!

【裏表紙】

この時は表から裏に繋がったデザインです。
裏表紙もなんか、それっぽく用意されたスタンプとテキスト入力したくらいです。

【見開きページ】

ページ構成については、簡単なのから自由に構成できたり幅広いです。

私はめんどくさくなってくるので、写真を適当に配置したら、必要なところだけコメント入れたりしています。

あ~~~恥ずかしい…

フォトアルバムの作り方

私はカメラや写真苦手なので、私よりも上手で詳しい人がほとんどな気がしますが、わからない人もいるかと思い、私のフォトアルバムの作り方です。

といっても、写真プリントから作成まで、ネットで一つの会社さんに依頼して終了です~~~。

まぁ、どこを選ぶかーってところかと思いますが、写真印刷の質とはわたしはわかりません。
ですが、フォトアルバム作成前からL版プリント印刷から利用している「フジフイルムモール」さんです。
「フォトブックデザイン 簡単作成タイプ」を愛用しています。

「簡単派」ってやつ愛用中です。

進んでいくと「簡単派Webソフトで作成する」か「こだわり派ダウンロードソフトで作成する」のどちらかの作成を選ぶことになるのですが、「簡単派Webソフトで作成する」でやってます。
この「簡単派」だと、ブラウザで完結できるんですよね。
ダウンロードするの嫌で…(;^_^A

あと、「簡単派」でも結構こだわれるし、写真決めたり構成決めたり、デザイン決めたりするだけでも疲れちゃう人は、「簡単派」をお勧めします!!!

流れ的には、写真選ぶと勝手に並べてくれるので、背景となる柄を決めたり、写真の位置を変えたりコメント入れたりする感じです。
もちろん、上で公開したアルバムもこの「簡単派」で作成したものになります。

気になる価格ですが、サイズと表紙のタイプ、ページ数で異なります。
(同人誌みたい…笑)

表紙タイプは、上の画像にある通り、
・ハードカバー
・ソフトカバー
・リングタイプ
があります。

私は全部試したことがあるのですが、断然「ハードカバー」派です!!!

逆に全部試してしまったからのハードなのかもしれませんが、私のイメージした「アルバム」は、表紙がっちり硬めの方が重厚感あって良いです。

そして、ハードタイプの価格になりますが、サイズと価格です。

推しにプレゼントするのなら、上2つのスクエアでいいと思います。
ハードじゃなくても、推しには薄めのソフトでも良いかもしれない。

ページ数増やせば増やすほどやっぱり高くなりますが、ページ数も注文できる限界があるので心配しなくても大丈夫です。

写真を小さくすれば、多くの枚数を1ページに掲載することによって、ページ数を減らす…という荒業も行えます。

サイズですが、これも全部試した結果、「A4相当」が一番「アルバム」らしかったです。
が、これも収納場所や、推しに贈るかどうかによって変わるので、お好みかな~~~ご予算にもよりますしね。

私の場合、アルバム作成は1年に1回程度なので、ちょっぴり高くてもいいや~~~って思っているところもあるからかな。

ちなみに、推しじゃなくても職場の送別会や、お祝いのプレゼントにも実は良いです。
マイカレンダー2018」というサービスがあって、年末に去っていく同僚に、職場の写真と共に送別品として送ったコトもあります。

これね。これも「フジフイルムモール」さんで作成しました。
FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

不安な方には、この「フォトブックお試しキャンペーン」が980円(税込み)で作成できますので、ご利用してみては?
私も最初にこれをやって、決めたクチです。

個人的に、推しの写真集(好きな画像でフォトブック作った)んですが、ドキドキしつつ注文したのですが、作成していただけました…!
個人的に楽しむ範疇ならOKなのかな???
特に注意書きもなかった気がしたけど…だめだったらごめんね。

そんな自分にしかできないオリジナルプレゼントを贈る、というのも一つの手かと思うで、参考にしてみてくださいな!

それでは、また!(*´ω`*)
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Let’s enjoy 追っかけ LIFE!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA