追っかけde自分磨き

【追っかけde自分磨き】可愛くなるための秘訣~長所から手入れしていこう~

サッカーW杯が始まってますね~~~。推しがサッカー好きっぽいのですが、私がサッカーわからないので、サッカーネタを振れません。
こんにちわ、マイクロトフです。

ここ数回で、追っかけしつつも、自分磨きもしましょうというお話をさせていただいています。

今回から、具体的にどんな自分磨きをすればいいのか、何に気を使えばいいのか…というのを書いていこうと思います。

まず初めに、マイクロトフは美容関連の仕事とかでもないし、詳しくもないです。
そして、めちゃくちゃ容姿が良いとかそんな実績もありません。根拠もない、私が単純に試していることを披露するだけです。
追っかけ術と同じです。
ただ、一応オシャレとか、どうやってるの?とか聞かれたりもしますし、それなりの努力もしています。それと、人間観察(というか分析)が好きということもあり、自分の中の分析結果で試行錯誤しています。
そういった私の経験のお話だけですので、「すんごい可愛くなれる!」とかではないです。
予め、ご理解いただきますようお願いいたします。

自分の容姿の長所を探す

「可愛くなろう」と思った時、だいたい自分の欠点をカバーしようとしてしまいます。

自分の容姿にめちゃくちゃ満足している人なんて少ないだろうし、容姿に対して少しでも「可愛くなりたい」と願う子はコンプレックスがあります。

コンプレックスで、自分は嫌な部分なので、そこの部分を隠すまたは修正しようとします。

「隠す」ことは、わりと簡単にできますが「直す(修正)」や「改善」するには、時間がかかります。

でも、隠してばかりいると、隠す行為に嫌気がさしたり、かえって悪化させてしまう場合もあります。

そうなると、隠すことが不満になったり、元から整えようと改善する方向に向かうと思います。

「改善」とは悪いところを直すということになります。

悪いところ直すというのは、時間がかかります。

だいたいは、改善箇所から真っ先に手を付けてしまったりしまうので、面倒になったり、全然良くならないと嘆いて、挫折することが多いのではないかな、と私は思います。

勿論、改善は必要な行為なので、それはそれで必要ですが、時間がかかることが問題。

要するにコンプレックス箇所全てを改善していたら、時間もお金もかかるし、何より推しの接触イベントに間に合わない!!!

ここのブログで大切なところはココです!!!

推しとの接触イベントまでに少しでも可愛くが目的なので、コンプレックス全てを改善する必要はありません。
ましてや、追っかけに時間はありません。

時間もお金も余裕もありません!
だって、追っかけてますから!

そこで、まずは自分の容姿で「長所」を探しましょう

自分で気に入っている部分でもいいですし、他人から褒められたところでも構いません。

「長所」を伸ばす努力から始めてみましょう。

「長所」はあなた(自分)にとって良いところですが、必ずしも「最善の状態」ではないということ。

良い場所を伸ばしましょう、もっともっと素敵にしましょう~~~!!!

接触イベント的自分の長所の見つけ方

長所を伸ばすことはわかったけど、長所がわからない!

容姿で長所なんてないよ!!!!って思っても、ありますから!!!

接触イベントに向けての長所伸ばしで考えるのであれば、「首より上」と「首より下」のどちらに自信があるか、取捨選択してください。

「首より上」に自信がある場合

「首より上」は顔面プラスαです。

「首より上」は接触イベントで最も推しの目に映りやすい場所なので、手入れする価値はあると思います。

目に入る場所ということで、長所を見つける場合のパーツ分けも細かくできます。

  • 口(唇)
  • おでこ
  • 髪の毛

人の印象に残りやすいパーツはこんなところでしょうか。

この中で、最も自分が気に入っている場所、よく褒められる場所はどこでしょうか?ありますか?

目だったら、イベント前は絶対に泣かない、腫れぼったくさせない、まつげも整えておく。
鼻だったら、ニキビや肌荒れに注意しなくちゃいけないし、もちろん鼻毛チェックも怠らない。(これは違うか?)むしろ、自分の鼻を美しく見せる角度の研究。
口(唇)であれば、荒れるの厳禁!!!口(唇)に最も合う口紅は何か?グロスは?笑った時に歯は見せる?どうする?
おでこもニキビなどに悩まないようにお手入れすべきだし、おでこを最高にキュートに見せる髪型は?
髪の毛もカラーリングとかしてもいいけど、切れ毛、枝毛を防ぐ努力、サラサラストレートがいいのか、くるくるが似合うのか…などの研究。

けっこう盛沢山です。

上記パーツが長所の場合は、そこを最大に活かすお手入れを心がけていきましょう。

「首より下」に自信がある場合

首より下の場合、推しの目線が自分と目が合っていない、目線が下に下がってしまうことで視界に入りづらいということから、区分けはおおざっぱにします。

  • 体形
  • おっぱい

この2つかな。
※このブログの読者は女性ばかりなので、推しは男性としています。

接触イベントで「首より上」よりは視界に入りづらいので、この2つに絞っています。

ただ、この2つってめちゃくちゃ好みに偏るところもあるので、平均的な体系が好まれるわけではないのですが…前の記事にも書いたように、他ファン対抗策で考えるなら、「体系」は平均値を目安に。

おっぱいは、そこそこ自身あるなら、武器にはなるので、露骨ではないけれどチラリズム程度に利用する価値はあると思っています。

大きい、小さい関係なく、ご自身の長所がおっぱいであればいいのです!!!

「推しはおっぱいよりも尻派なんだ!」というご意見もあるとは思いますが、尻も足も、接触イベントでは推しから確認しずらいです。

だいたい推しの方が身長高い場合、目線は下になるので、見れて胸(おっぱい)が精いっぱいかと。
そして、そこに、おっぱいしかないならおっぱい見るよね(*´з`)ってなります。

ただ、おっぱいアピールは品が大切です。
下品だと、逆効果だし、他のファンからも冷めた目で見られると思います。

品のあるチラリズムって、最高のスパイスだからさ…

そして、体形ですが。
これも別に痩せてるから、太っているから駄目ではなく、自分の体形が長所と思われるのであれば、それを活かせ!ということ。

その場合は、自分のプロポーションを活かした洋服、似合う洋服をみきわメル、立ち振る舞いといったことで長所伸ばしをするのが一番だと思います。

体形は本当に着る洋服、柄、色で見え方が変わるので研究する価値ありですよ!!!

長所と同時に最も改善したい場所もピックアップ

長所を見つけようとすると、短所(コンプレックス)が気になってしまうよね…

それも大切!!!

コンプレックスを自覚して、「何が(どこが)一番コンプレックスなのか」の順位を決めておくことも必要です。

長所と同時に、コンプレックス箇所の改善も行っていきます。

そうすれば、長所は伸びしろがあるので効果があるので、コンプレックス箇所に時間がかかっても、気持ちが荒まずに済むのです。

ただし、コンプレックスを複数同時は色々大変なので、無理せずに長期的に付き合う気持ちでいましょう。

まとめ

上の項目を参考に、自分の長所を見つけて、次のイベントに備えてお手入れを始めましょう!!!

ハイ!
そこのあなた!!!長所はどこですか???!!

いいですね!!!伸ばしましょう!!!

わたし?
マイクロトフの長所は「髪の毛」です!!!

なので、次回はマイクロトフ的、簡単髪の毛お手入れ術のようなのを紹介したいと思います。

それでは、また!(*´ω`*)
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Let’s enjoy 追っかけ LIFE!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA