追っかけノウハウ

時には”計算”と”あざとさ”で印象付けよう。

明けまして
おめでとうございます
ご挨拶が遅くなり、本当に申し訳ございませんでした!
2017年も、懲りずに、呆れずに、ブログ共々よろしくお願い致します!

ハイ!気を取り直して!
新年一発目の記事は何にしようか考えてました。

メルカリの出品でまたもやエラーが発生したので、そのことについても触れたいのですが、もう少し検証も必要ですし…。

minneではなく、作品投稿・出品でもしかしたらもっと良いのでは?と思えるサイトがあったので、こちらも紹介したいのですが、私がまだ試していないので、詳しいことも書けない…。

となると、必然と追っかけネタになるわけで。(笑)

「お気に入り術」とはちょっと違うのですが、去年、推しを推してて(笑)、実感したことがありました。
そのことについて、軽く。

その前に、先日友人(♀)とLINEでおしゃべりしてた時に、私の使っているスタンプがまるで色気がなくて駄目だしされまくったんですよね。
それまで、LINEスタンプて、自分の好きなアニメとか、ネタとかで、面白さと使いやすさ重視で購入していたので。
それで、その友人の持っているスタンプがどれも可愛らしくて、何故かと思い聞いてみたら、
「一時期、彼氏作るのに必死で可愛さアピールできるあざとスタンプばかり集めていた。」
とのことでした。

な、なるほど~~~~!!!!(@_@)

私のスタンプ群に「あざと可愛さ」は皆無でした。

「あざとさを利用して。」

友人からの言葉です。

これからお話する出来事は、あざとさというか、計算した上での行動ではあったので、結果的に「あざとい」行動でオイシイ思いをしました。

某推しのイベントに参加しておりまして、それが1日、3部構成で出入り自由みたいなイベントだったのですが(有料イベですけど)、最初は3部最後まで参加するつもりでそこまでの金額を払っていました。
ですが、結果的にイベントがノビノビになり、私は時間的に厳しい状況になってしまいました。
もちろん、会場(といえたものではないがww)にキャストも居たし、ファンと交流できるか出来ないかの微妙な距離感だったので、いた方が「お得」ではあるなーーーと感じてはいました。

が、時間的にホントちょっと厳しいし、今、この空間に私の推しはいない。(どうやら、フロアの外にいるっぽい?)
そして、ファンは誰も出ていく気配(帰る気配)もない。

あれ?もしかしたら、今、会場出たら、推しとバッタリ会えたりするんじゃない?

という淡い考えが脳裏に過りました。
一か八かの賭けですし、出て行ったらもう会場には入れないし…
いや、でも、結局帰らなくちゃ行けないし…
と悶々としつつ、「よし!」と思って、会場を出ることにしました。

が、フロアから出て、すぐ建物から出てしまうのは、勿体ない。(時間が少ないから)
上着とか何着ていない準備していない状態でこのままフロア出て、出てからモソモソと帰る準備を整えながら推しが来るのを少し待ってみようーと作戦を立てました。

そう思ったらすぐ行動!
荷物をまとめて片手に持って、スタッフの人に帰ることを告げて、フロアを出ました。

すると・・・・!!!!!

推しではありませんでしたが、別のキャストがおりました。
なので、軽く挨拶をして、上着とか着ておりましたら…

どこからともなく、私の推しが現れた!!!

「あれ?帰っちゃうの?」

推しから話しかけてきたーーーー!!!!!
ヒャーーー!!!
作戦成功です!!!

ここでの推しとの会話は省略しますが、上着を着終わったあとも普通に話かけてくれて、尚且つ見送ってくれました。
めっちゃ優しいし、気さくだった!!!

もうね、建物から出た瞬間ガッツポーズですよ。
「よっしゃ!計算とあざとさの勝利!」と。

ここまでの行為を文章で書くと、完全な「出待ち」に思えますよね?

人によって、それぞれだと思いますが、この私の行為が、相手(推し)に取って「出待ち」になるかどうかが問題です。

今、この記事では私の脳内で起きた「計算」を詳らかにしておりますので、「ずるい!」という印象を持って読まれている方もおられると思います。
ですが、私の「脳内の計算」を知らないとしたらどうでしょうか?
推しから見たら、単純に「ファンの子が帰る準備をしているところに遭遇した」だけなんです。
だけ」なんです。

女の子ならば、誰しも計算してあざとく見せて可愛く見せたりモテようとしたり、何かしらしていると思います。
それを男性は大抵知りませんし、気づきません。

ましてや、単発行動をとったわけですから、他のファンも見ていません。

ホラ、結果オーライじゃないですか?

会場には長くいられない、という時間を犠牲にして、推しとの個人的な数分の会話を手に入れました。

これが、マイクロトフ的「計算」「あざとさ」になります。

発生頻度の大なり小なりありますが、「計算」と「あざとさ」を利用して起きた奇跡の瞬間は実はあります。
高頻度、ではありませんが、「高確率」で成功します。

ただし、「計算」して「タイミング」を間違えないように

今回お話したことは、凄い出来事ですが、イベント中に推しとエンカウントする程度なら、全然発生させることは出来ますので、お試しいただければと思います。

ただし!
「あざとさ」利用しすぎて、結果「出待ち」になっていたら意味がありませんので、この手段を使う際は、「計算」して「シュミレーション」して、「大方イケる!」と判断したときのみです。
ある意味、諸刃の剣ですので。

追っかけにも、お気に入りにも、自然体が一番ですが、相手に気付かれない程度の「あざとさ」は利用しましょう❤

しかし、追っかけには「あざとさ」利用が出来るのに、日常生活に活かせないのはナゼだーーー!!!といつも思うマイクロトフでした。(笑)

いつもとは違った趣向でしたが、また遊びに来ていただけると嬉しいです。(*^_^*)

POSTED COMMENT

  1. ここね より:

    こんにちは。
    今年もよろしくお願いします♩

    マイクロトフさんの記事にあるようなこと、学生時代の片思いの相手や、OL時代のほかの部署の片思いの人にまったく同じ事をしていました!!
    待ち伏せはストーカーみたいで怖いですからあくまで偶然を装って時間を見計らってさりげなく。。。
    そして結構上手くいっていました。笑

    でも、声優相手にやったことないです。というか、そんな簡単にフロアの外に出演者が出たりするのですね。そこにびっくりです
    出演者は人目を避けて控え室や楽屋的な場所にずっと居るイメージでした。

    今度、イベントがあるのでぜひ参考にさせていただきます♡

    • Miklotov より:

      >ここね様
      こちらこそ、今年もよろしくお願いしますですー!

      そうなんですよね、学生時代の片思い時にやってたことなんですよね。(笑)
      それを、推しにやるのですー!
      が、小規模のイベントとかの方が勝率高いので、大きい会場や、スタッフさんとかがガッチリ運営されているような所では難しいかもしれません。
      なので、もしかしたら、ここねさんの推しの方には難しいかも…!?
      でも、大きな会場やイベントでも、展示会系とかではフラ~っと有名な方が歩いているところとか移動とかに遭遇したりはしましたよ。
      ステージと控室が完全裏側とかの場合は、無理ですが、一般と共有する箇所がある場合はバッタリありますよ。
      トイレとか、あと以外に最近は控室とかでも喫煙できなかったりするので、喫煙所が共有だっだりする場合があります。
      有名じゃない声優さんは、普通に使っているとこに遭遇したことありますよ~!
      非喫煙者には立ち入れないところですが…(-_-;)

      イベント会場をぐるっと見回してみて、自分で脳内に構造を考えてみると、何かあるかもしれません。笑

  2. どいちん より:

    あけましておめでとうございます!
    なるほどーー!と思って一気に読んでしまいました
    【あざとさ】使わせて頂きます 笑笑(上手く使えるかなぁ??)

    私の推し様用に作った、オーダーメイドのビールラベルのお礼状が昨日届きました!
    とっても喜んでおられて、『昨晩美味しく頂戴しました!』と書かれており、嬉しくて泣きそうになりました(´;ω;`)ブワッ

    マイクロトフさんのブログで、色々勉強させて頂いてます。またブログ見に行きますーー!

    • Miklotov より:

      >どいちん様
      あけましてですー!遅くなりましたー!
      コメントありがとうございます!

      「あざとさ」上手に使えると本当に良いのですがね。(笑)
      どいちんさんの方は、なんだか距離が近いように感じますので、使えるタイミングがあるのではないかと思っています…!

      ラベルも本当に良かったですねー!それは確実に「オンリー1」的なものだと分かるので、嬉しかったと思われますよ!
      これからもお役に立てるように頑張るので、また遊びにいらして下さい~!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA